セミナー開催予定

頻発する「過労死等」対応で労基署の監督行政はどう変わるか(大阪)大阪

対象
  • 社労士向け
  • 企業向け
開催日 2018年10月18日(木曜日)~2018年10月18日(木曜日)
時間 10:30~17:00
開催地 大阪 
受講料 一般 35,000 円(税込)
優待 30,000 円(税込) (※1)リピーター特別優待価格(5,000円割引)
プレミアム会員 25,000円 (※2)プレミアム会員価格(10,000円割引)
(※1)リピーター特別勇退価格はH28.1月以降~H30.6月末までのセミナーを受講された方が対象となります
(※2)プレミアム会員のお客様には事前にこちらよりご連絡させていただきます。
備考 ※録音・録画は固く禁じます。
このセミナーのお申し込みはこちら

「働き方改革」で「過労死等」は撲滅できるのか⁈

長時間労働による「過労死等」事件が依然として相次ぐ中、待望の「働き方改革」関連法改正がやっと実現することになった。今回の法改正で、いくつかの「過労死等」措置が講じられることになったが、過労死を招く長時間労働の防止や適正な労働時間管理等の監督行政をつかさどる労働基準監督署はこれを機に、どのような指導体制の下、どのような「監督指導」を展開していくのだろうか。そして、企業側は、どのような対策を講じるべきなのか。今回のセミナーでは、これらの点に焦点を当て論じてみたい。

カリキュラム
  •  頻発する「過労死等」の現状と企業が受ける影響

    1.「過労死等」とは

    2.「過労死等」と労災申請状況

    3.「過労死等」の発生で企業が受ける影響

    4.「過労死等」と裁判例

    5.「過労死等」撲滅と「働き方改革」における関連実施施策

    6.企業側に求められる「過労死等」の予防対策

     相次ぐ「過労死等」事件と今後の労働基準監督署の監督行政

    1.強化される労働基準監督署の監督行政

    (1)監督指導体制の強化・整備

    (2)「立入調査」と重点調査事項

    2.企業側の実務上の対応

    (1)36協定の締結と届出の確認

    (2)適正な労働時間の把握・管理の徹底

    (3)立入調査のへの対応    ほか

  • セミナーパンフレットのダウンロード
  • FAXお申し込み用紙のダウンロード

セミナーお申し込みメールフォーム

入力内容をご確認の上、下部の「入力内容を送信」ボタンをクリックしてください。
内容を訂正する場合は「戻って編集する」ボタンをクリックしてください。

セミナー名 2018年10月18日(木曜日)~2018年10月18日(木曜日)
頻発する「過労死等」対応で労基署の監督行政はどう変わるか(大阪)【社労士対象・企業対象】大阪開催
法人名
法人名(かな)
お名前 必須
お名前(かな) 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
会社住所 -
必須
割引対象 一般リピーター(平成28年1月~平成30年6月末までの河野順一のセミナーに参加された事のある方)クーポン券 必須
備考

このフィールドは空のままにしてください。

  • 就業規則作成セミナー
  • 社労士対象セミナー
  • 企業対象セミナー
社労士向けセミナー・人事労務セミナー・修行規則作成のご相談は東京法令学院にお任せください

03-3292-7849受付 9:30~17:00(土日祝を除く)

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町1-12-3
第一アマイビル1F

ご相談・お問い合わせ
 

講師:河野順一
他講師:宇都宮 良男
    滝口 修一
    桑原 敬
    布袋 真人

  • NC労務グループ
  • 出版書籍ご案内
  • セミナー風景写真